生活を守る保険定期的に見直しを

老後のために

老後の生活に必要なお金

老後の生活に向けて今から貯蓄する、いくら貯めればいいのかというと、いろんなところで老後生活は3000万円貯めましょうといわれています。60歳または65歳で定年退職となるとその15年から20年間の間を貯蓄から崩して生活することになります。しかし、3000万円を貯めることができる人ってどんな人なのでしょうか、一般の人でも貯めることができるか不安でファイナンシャルプランナーに相談される方は多くいます。かといって老後資金を準備するのをあきらめるというわけにもいかないのです。準備するには時間がかかります。明日定年退職だから明日までに3000万円用意する、これは無理です。また貯蓄だけで準備しようとしないのもポイントとなります。

老後資金をどうやって準備するか

ファイナンシャルプランナーに相談するとキャッシュフロー表を作成してもらえます。現状の収入と金融資産などから、80歳や90歳までの人生の収支がひとめでわかります。そうするとほとんどの方がある時点から収支がマイナスになっていくのです。労働収入しかないと定年したときに一気に収入が下がるからです。それでは老後資金が貯められないことになります。ファイナンシャルプランナーに相談することで、貯蓄以外にも運用相談をすることができます。老後まで1000万円しか貯められなかったとしてもその1000万円を利回りの高い債権に投資をすれば、分配金が受け取れます。貯めたお金を切り崩して生活していくよりもその運用益と公的年金で十分に生活することができます。ファイナンシャルプランナーに相談する効果です。

じっくりと検討をする

保険というのはいろいろと相談が出来るものです。それだけ保険というのは人にとって大切なもので大事なものなのです。無理のない保険料の範囲内でじっくり検討することが大切です。

詳細を確認する

相談をしよう

保険の見直しは面倒くさいことですが、行っていて損はありません。ですから、保険見直しは早めに行いましょう。早めにやっておくと、自分の納得の行く保険を見つけることができます。保険の専門家に頼りましょう。

詳細を確認する

必要なものを選ぶ

高齢化社会に伴い、将来への不安が濃くなってきた現代では、自分の適している保険を選択し加入することが一般的になっています。保険は家計の負担にならない程度で加入することが大切です。

詳細を確認する